『ネオ豆乳ローション』

鼻毛脱毛ワックス
女性ファッション誌「Domani」「non-no」に取り上げられ、また、ネットの口コミなどでも、ムダ毛に悩む多くの女性から指示されているローション!

『ネオ豆乳ローション』は、通常の除毛剤とは違います。除毛剤には不可欠の有効成分 “チオグリコール酸カルシウム” は含まれていないので、「その場で毛をなくす」という即効性のあるものではなく、使っているうちに徐々に毛が薄くなる というイメージです。

主だった有効成分は、大豆イソフラボン” による抑毛作用で、”毛根に作用して毛乳頭の活性を抑える” という働きがあります。

  ネオ豆乳ローションの主な効果.

ムダ毛を細く抜けやすくし、最終的に生えなくする.
大豆イソフラボンが、毛に栄養を与える作用をしている “毛乳頭” の活動を抑えてくれます。そのため毛の根っこが弱り、細く抜けやすくなります。
毛穴の汚れを取り除き、肌を白くする.
ネオ豆乳ローションに含まれるイソフラボンがシミなどの黒ずみを防ぎます。また、大豆サポニンが毛穴の汚れを除きます。
潤いのある肌を保つ.
ネオ豆乳ローション内のサポニンやレシチンには潤い効果があります。お肌の隅々まで潤いを保ってくれます。
傷跡などにも美肌効果.
ネオ豆乳ローションには美肌効果があります。ムダ毛を剃った後に塗っておくと、剃刀負けを防ぐことができたりします。

  顔・デリケートゾーンに最適なわけ.

“チオグリコール酸カルシウム” が配合された通常の除毛剤を顔やデリケートゾーンに使用すると、皮膚がその刺激に耐えられない・・ もしくは、鼻の穴や目・口といった部分から体内に取り込まれて、体調不良を引き起こしたり、皮膚トラブルを招く可能性があります。

 中には皮膚の強い人もいて、それらの除毛剤を使ってヒゲなどを脱毛できた! という人も中にはいて、たまにネットでそのようなサイトを見かけることがあります。そのようなサイトの真偽はわかりませんが、皮膚が強くちょっとの刺激くらいではなんともない という人はやはり存在するとは思います。

が、基本的には 使ってはいけないものはやはり使わない のがトラブルを回避する1番の方法です。

ネオ豆乳ローションは、顔(まゆやおでこの毛の生え際・うなじ)などにも安心して使用できます。
 配合されているせい成分のほとんどが、肌を優しくいたわり・守るものばかり。
かといって毛根には厳しく!しかもじわじわと効いていくというメリハリのある刺激が、顔やデリケートゾーンには嬉しい使い勝手となっています。