『ブラビアンカ “KING’s NOSE WAX”』

 
基本的に鼻毛のワックス脱毛には、ハードワックスが用いられます。「固形のタイプからレンジでチンして溶かす」といった作業からの専用スティックorスパチュラに取り、鼻の穴へズボッと入れ そのままワックスが固まるのを待って一気に引っこ抜く!!という手順のものがほとんどです。

この “KING’s NOSE WAX” の使い方も例にもれず、そのように使います。
「一気に引っこ抜く!」なんて書くと、とっても痛いんじゃないか? っと思いがちですが、実はあまり痛くありません。
コレは ハードワックスの特徴で、ワックス自体はあまり皮膚を引っ張らない から。というところにあります。

「痛い」というよりも、衝撃の方が強い という方が的確かもしれません。

鼻毛脱毛
 
           キット内容はこんな感じ →

   ・ワックス(固形の粒状タイプ).
   ・専用シリコンカップ.
   ・スパチュラ&スティック.
   ・使用方法を書いた紙.

使い方は、前述したように 簡単3ステップ♪

① レンジでチン。
固形のワックスを専用シリコンカップに入れ500Wのレンジで約4分.
② 塗る。
スティックorスパチュラの先端にワックスを塗り、鼻の穴に5〜7ミリほど入れ 固まるまで待ちます.
③ 抜く。
一気に引っこ抜きます.

閲覧注意!!

鼻毛脱毛

  ”KING’s NOSE WAX” 使い方のコツ.

初めてワックス脱毛をする人にとっては、いきなりハード・固形ワックスを扱うのは慣れない作業かと思いますが、コツさえつかめば、あとは簡単に「朝飯前!」状態でできるようになると思います。

そのコツとは・・
『WAXを必要以上にスティックに摂らない!』事。
少量でも十分に 毛がワックスに絡むので・・
そして、
「固まるまで待つ!」事。
さらに “痛み” がある場合の対処法として。
処理をする前の事前段階での準備をしっかりとする!事。
「長すぎる鼻毛はカットする」
「温める(毛穴を開かせる)」 注;鼻の上から.
「一気に引っこ抜く!」

っと、こんなところでしょうか…
 
 
 基本的にハードワックスや固形ワックスでの脱毛に適している部位は、あくまでも狭い範囲・・ 人体では、主に “顔” で、ヒゲや鼻毛・耳毛など、っと日本ワックス脱毛協会の人も言っています。